転職成功の秘訣

転職成功の確率と活動量の関係とは?

転職成功の確率と活動量の関係という話をしたいと思います。

 

いつどこの会社に就職できるかどうかっていうのはも自分ではコントロールがまったく できないですけれども転職のチャンスを増やすとか確率を高めるということは、実は十分可能なんです。

 

それにはどうしたらいいかということですが、単純なことで活動量を増やすということです。

 

転職活動に成功している人に共通している特徴というのは、とにかく活動がすばやいですし、なおかつ活動量がものすごいってことです。

 

比率でいうと活動量が少ない人を「1」としたら活動量の多い人は「10」くらいの差があります。

 

結果が出ない人によくある例としては、不安が先に立ってなかなか実行につけない
それから何か活動したら、それに対してうじうじ考えてしまったり、事あるごとに立ち止まってしまう
それから完璧主義ですべて納得がいかないと前に進めない

 

まとめて言うと、いずれも細かいことに囚われ過ぎて行動量が伴わないことが特徴です。
とにかく転職活動っていうのは、まず実践をして、その結果を受けて反省とか改善をしていくってトライ&エラーを繰り返していくっていうことがとても大切なんです。

 

先ほど言ったような活動量が少ない人は、トライする回数そのものが少ないのでその後も改善というところにつながっていかないです。

 

今みたいな買い手市場というのは落とされて当然のことなんですね。とにかく数多く打席に立って、その中から少しでもヒットを生んでいくという活動になるわけです。

 

当然のことですけど打席に入れば入るほどそのチャンスが増えますし、打席に入らなければそもそもチャンスはあり得ないことなんです。

 

よく考えてみたら転職活動っていうのは最終的に納得できる転職先一つが見つかれば成功なんです。

 

それまでに何回失敗したか、なんてことは全然関係ないことなんです。

 

そなので失敗を恐れないで粘り強く打たれ強く積極的に転職活動できる人が最終的には必ず勝つと言っていいかと思います。

 

なのでそのことを肝に銘じて転職活動を行っていいただけたらいいと思います。

積極的に転職活動していくには、民間の転職支援サービスを利用するのもひとつの手段です。自分ひとりでは、どうも転職活動ができない、誰かの力を借りたいという人にはオススメです。無料で利用できる転職支援サービスがほとんどです。
薬剤師の場合は、以下のサイトでお伝えしている一括して3つの転職支援サービスに登録できるものがあります。
薬剤師の転職支援サービスってどうなの?